リユースホームのいいところ
リフォームやリノベーションすることで間取りや用途を変更したり、価値を上げた中古住宅をご提案している「リユースホーム」。世間一般ではリフォームやリノベーションに対する認識もまだ十分には浸透しておらず、「家を買う=新築物件」という構図が根強く残っています。
新築に手が届かないから賃貸で・・・。ベースが中古物件って何だか不安・・・。理想のイメージがあるんだけど・・・。と思っている皆様、ご安心ください!リユースホームの「イイところ」をご紹介します。

価格がイイ!
価格比較
リユースホームがご提案する住宅は、新築住宅に比べて、なんと5~7割ぐらいの価格です。一体どれほど金額に差が出るのか具体例を見てみましょう。

例えば「山梨で土地60坪に建物」と考えた場合、新築だと総額約2500万円~になります。一方、リユースホームの住宅だと約1500~2000万円ほどです。金利2%で35年ローン、月々の支払いが3.3万~1.6万円も安く住めます。その結果、総返済額ではなんと、リユースホームの方が1390万~695万円もお得です!

住まいに対しての希望通りに建てた新築と、同じく希望通りにリフォームやリノベーションした物件では、かなり大きな価格差が出来ます。これで月々のローンが軽くなったり、老後の預貯金に充てることも出来ますね。また「家を買う」ということに対して、新築にはない「敷居の低さ」もイイところです。

立地がいい
立地がいい
町が出来ていく過程で、駅や病院、ショッピングセンターなど利便性の良い場所はどんどん先に埋まっていきます。つまりこれから新築を建てるとなると、中心部から離れた郊外にするか、空き家の解体費用を払って割高な更地を作り、そこに新たに建てていくことになります。しかも郊外の場合は、行政のインフラ整備(下水道や水道を引いたり)もどんどん遠くになるので社会全体で見たコスト高も問題です。

リユースホームは既に建っている中古物件をリフォームやリノベーションするので、学校や病院に近い便利な場所に家を持てます。しかもそうすることで希望する内装や間取りに変更されているので、「住みたい場所」の「住みたい家」で生活が出来ますね。また、良い立地の物件は、将来売却するときも価値が下がりにくいのもイイですね。

リユースホームのいいところ

新築物件を購入する場合、お子様が小学生だと、なるべく学校の近くに家を求めます。ところが、学校を卒業するとそこにいる理由がなくなってしまいます。さらに大人になって独立をしてしまうと、部屋数も余って夫婦二人きりのライフスタイルでは暮らしにくい家になります。家を売るとしても20年以上経っていると建物の資産価値はゼロに近づいています…。
リユースホームのいいところ

そこを解決していくのが「リユース」という考え方。リフォームやリノベーションをすることで「どうすれば一番価値を付けられるのか」を考えていきましょう。その家を資金にしてリユースホームの住宅を購入すると、なるべく負担を抑えて住みやすいエリアで暮らしやすい家で生活を送れます。

またリユースホームの住宅は新築住宅に比べて価格下落も緩やかなので、日頃のメンテナンスや更なるリフォームやリノベーションで売却額を移り住む資金にすることが出来ます。夫婦二人にピッタリサイズのリユースホームで余裕のある老後を送れますね。

住宅の価値


自由度がいい
自由度がいい
リユースホームは既にリフォームやリノベーションされた物件をご提案する場合の他に、住む方に応じてお好みのデザインや自由な空間にカスタムすることが出来ます。お打ち合わせをしてお客様が求めているものに近いプランをご提案出来ます。
古くなった状態で何も手を入れないまま住む中古住宅とは違い、最大限のニーズに合ったご提案が出来るリユースホームの住宅は、どこまでも広がる自由さが大きな魅力です!

また、移り住まなくてもリフォームやリノベーションをすることで「20年後にはこう出来ますよ」というような未来へ向けたご提案も出来ます。そういった選択肢が増えるだけで、とても豊かな住まい方が実現出来ます。さらに手を入れた分だけ資産価値が減らずに、お客様自身が亡くなった後もお子様達が資産として活用出来ます。残されて空き家になった中古住宅を維持することも処分することも大変なこの時代、リユースホームのご提案から大きなメリットが生まれます。

安心感がいい
リユースホームのイイところ!
リユースホームが取り扱う物件のベースは中古住宅。お客様にとって「本当に大丈夫なのかな?」という気持ちは当然ですよね。

一般的な中古住宅の販売は、仲介業者である不動産業者が間に入りますが、扱っている物件が大丈夫かどうかはしっかり把握していません。

しかしリユースホームで販売する住宅は、住宅診断士(ホームインスペクター)がすみずみまでチェックして施工しています。リユースホームは、基礎や骨組みである主要構造部分、雨漏りがないかどうか、水圧の検査などかなり細かい所まで建物検査を行い、不具合があればしっかり直して保証付きで販売しています。またその際の施工はグループ企業である「グローバルハウス」が手掛けます。