安心できるわけ

新築物件、中古物件、そしてこれから日本が推進していくストック型社会で重要な鍵になるリユースホーム。
お客様のライフスタイルやご予算によってどの選択が一番いいのか、また安心出来るのかは様々なケースで変わってきます。
ここでは初めてリユースホームの購入を検討しているお客様に向けて、弊社ならではの安心出来るワケ(理由)をご紹介します。


安心のクオリティ

安心のクオリティ
私たち「リユースホーム」のリフォームやリノベーション工事は、グループ企業である「グローバルハウス」の自社施工です。20年以上この山梨で信頼されてきた施工技術そのままに工事を誠心誠意行います。

また施工をした物件にはしっかりと「住宅家歴書」を残します。これは、住宅の価値を決める際に客観的評価をする、何月何日にどういった補修や維持管理をしてきたかの図面やデータです。

ストック型社会である欧米では浸透していますが、日本では築年数だけでしか判断してこなかったので、家歴書はあまり重要視されてきませんでした。しかし今後は日本でも新たな評価基準を作る上で、必須にしようと検討されています。

面倒な手続きもワンストップ
一般的に家を購入する時は、不動産業者、建築会社、住宅ローンの申請など別々の窓口に行かなければなりません。ですが、リユースホームなら全てがワンストップ!
家を買う時のネックになっている銀行へのローンの申請や資金計画も、私たちがひとつの窓口で対応するので煩わしさもなくスマートにコーディネートいたします。ご希望だけ伝えていただければ、私たちがワンストップで対応します!

面倒な手続きもワンストップ

ご様子伺い

ご様子伺い
「グローバルハウス」が新築住宅で行っているように、「リユースホーム」も生涯サポートを標準サービスしていきます。中古住宅の場合、保証期間は法的に2年と定められています。しかし、リユースホームの住宅は倍以上の保証期間が5年、さらに通常は付かない配管設備にも5年の保証が付きます。

そして、毎年引渡月には「ご様子伺い」として「往復はがき」をお送りしています。ちょっとしたことでも気軽に相談しやすいように、あえて電話ではなく往復はがきでお伺いしています。いつでもお客様目線に立って、きめ細やかな気配り心配りを忘れないようにしています。

お客様との絆を大切にし、売って終わりではなく一生涯に渡ってサポートを継続することをお約束します。