定年後、リノベーションで夫婦水入らずに暮らせるスペース

P2270027
定年間近、築30年も過ぎ子供も独立して、夫婦2人だけの生活になりました。部屋も暗く、段差につまずいたりと年齢を感じるこの頃、そろそろリフォームでもして住みやすい家にしようかと話しておりました。正月の親戚の集まりで、地元のリフォーム会社を紹介されたのがキッカケでした。

以前に耐震診断をして耐震補強が必要だったため、まずそこから始めました。さらに、1階での生活を想定して台所・居間の2部屋をLDK1部屋にして、畳スペースを設けた事で、広々とした空間になりました。

奥まった東面にあった玄関を、南面に持ってきたことにより移動がスムーズで、掃除も楽になったと妻も喜んでおります。
2階は、あまり使わないので化粧直しを行い、帰省してくる娘家族のための部屋として確保しました。

工事担当の1番のポイントは、小料理屋のイメージで作った対面キッチンです。「料理がご趣味」という奥様のお話を聞いて、要望を実現することができました。料理をしながらでも、顔を合わせられて、2人の会話がより楽しくなったそうです。

間取りの工夫により、いつまでもご夫婦の温かみを感じるおうちが実現しました。

P2270022
P2270020
P2270015
P2270040
P2270050-e1487817349484
P2270055-e1487817240281
P2270077
P2270072
before
0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e2
horizontal
after
P2270070